政策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

公共事業でシェルターを

八ッ場ダムどうするかでもめていますが、どっちの言い分もそれなりに正当性があるんだろーね。どう決着するんだろう?と思っています。

公共事業は必要だと思います。ストップする理由としては、環境破壊がどのくらい深刻かが基準だと思います。無駄かどうかはあまり重要じゃない。無駄だとしても、雇用の創出とかお金を動かすとか、そもそもそういうためのものなんだからいいと思う。

それに、利権だなんだいう以外にもっと目を向けないといけないこともあるらしい。

-------------

(参考)
自民党 中川昭一グループが水の研究会 
水の惑星地球が実は水不足、
2050年には水の争奪戦が ― 八ッ場ダムをめぐって
2009年09月08日
http://news.livedoor.com/article/detail/4338069/

-------------

さて、こんな不景気で雇用創出が望まれるなか、道路もダムも同意を得ることが難しくなってしまったご時世で、何をつくればいいんだろうと考えました。ハコモノもダメだっていう。そこで僕がつくって欲しいものを書いておきます。

・森林(日本は、そもそも人工林とともに生きてきた。もっと手入れして復活させるべき)

・シェルター(核シェルターです。これはまだつくってないから、いっぱい仕事が発生するし、ほんとうに役立つときが来るかもしれない)

シェルターをつくるのは、「核容認」と決めつけられるらしく、「ダメだ」というひとたちがいるようですが、シェルターと言っちゃだめなら、避難所ですね。災害時に避難する場所をつくったらどうですか。防空壕の現代版みたいなのです。台風のときとか避難所とされる学校や公民館は、あくまで暫定っていう感じで、あんまり快適じゃなさそうだもの。

このシェルターには、食料品とか生活必需品とか、いっぱり備蓄しておきます。でも、役立つことなく、賞味期限切れとか、動作保証期間切れとかになるはず(それが平和)。そしたら、入れ替えればいいし、古いのは、完全に使い物にならなくなる前に、それこそ必要とする人に無償で配ればいいと思います。で、たまには避難訓練とかイベントとかをその施設で行って、フリースペースとしても利用したりして。もともと利益を生むためのものではないから、黒字化する必要もない。
 

スポンサーサイト

PageTop
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。