政策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原子力発電所

中部電力の浜岡原子力発電所の
停止要請のニュースが
ありました。

関係者の人にとっても、
寝耳に水なようですね。

原発の問題は難しすぎて、
どういう意見をもったらいいのかさえ
わかりません。

どうなってしまうのか。

個人的には、もう少しのんびりした
社会になることで電力消費を減らせるのなら、
そういうのもいいなぁと思うのですが、
そうは言ってられない立場の人もいるようで、
でも、浜岡原発が地震津波を受けたら、
まず危険なことには間違いないようで、



偉い人、正しい答えを導いてください。
どうかお願いします。
 

スポンサーサイト

PageTop

事業仕訳け

民主党の事業仕訳なるもので、スーパーコンピューターの予算「凍結」というニュースにびっくりしてたら、「しないかも」というニュースにまたびっくりです。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091122-OYT1T00815.htm

ていうか、「事業仕訳け自体の透明度があやしい」

事業仕訳は、透明のガラスと不透明のガラスの二重張り構造だと思います。

仕訳中は公開(=透明ガラス)されているけど、仕訳人の選定や、仕訳事業の選定は、密室だから(=不透明ガラス)。

透明ガラスの向こうに、不透明ガラスに隠された部分があるけれど、とりあえず見えている部分で、なんとなく満足させてる点は、「巧妙」としか言えない。

仕訳中のライブ感に惑わされて、透明度の高いプロジェクトに思いがちですが、こういうのこそ、危険だと思います。

確かに、興味喚起という点では「いいこと」なのかもしれません。パフォーマンスも巧い。

けど、興味を持った時には、すでに「仕分け済み」になってしまっている現状、「国民参加」と謳われている事業ですが、本当にそうですか。

今回の公開処刑ともいわれる事業仕訳、「公開」したんだから、という免罪符のもと、今後、日本はどうなってしまうのでしょうか。
 

PageTop

無駄ってなんだ

「事業仕訳け」でやり玉に挙げられる「無駄」の概念、僕は「無駄」ってなんだろうと思った。

「無駄な予算は削減すればいい」というのは、誰でも賛成することです。でも、何が「無駄」なのか。平等な見地から発言できる人は少ないはず。

「自分に関係あるものは無駄じゃない、自分に関係なさそうなものは無駄」

この感覚、誰もが「自分は違う」と否定すると思うけど、実際どうだろうか。僕は自信がない。自分に関係なさそうなものを、「無駄」と言うことはないとしても、自分が恩恵を受けている制度を、「無駄」って言えるだろうか。

「無駄」が何かはわからないけれど、「無駄」を排除しきったら、世の中の半分以上の人は、職がなくなると思います。

働きアリの原理でいけば、3割程度の人しか、ちゃんと仕事しない。仕事してない人への経費は「無駄」だ。

仕事しないっていうのは、危機意識がないとも言える。「誰かがどうにかしてくれるから」と無意識に思ってるんだろう。

人間ってそういうもんなんだと思う。

会社にいる「ダメおやじ」や、仕事への向上心のない奴、存在するだけで赤字しか生み出さない同僚。確かに、会社の営利活動上は不要だ。いなくなってくれたらどんなにいいだろうと思う。

でも、そういう人を、各会社が少しずつ面倒をみることで、国が税金で養うところにまでいかずに済んでいるんだと思う。

仕事できない人が片っ端からリストラされたら、どうなるか。失業者があふれ、国が対策をとらないといけない。一部の働きアリが、その他大勢のために働く社会になる。

仕事できる人よりも、仕事できない人のほうが多い。
まずこの事実を忘れてはいけないと思う。

仕事できない人を、どうやって企業が養うかというと、無駄な事業をするしかない。

営利目的で無駄な事業をするのは難しい。そこへいくと、公共のプロジェクトは、無駄な事業でも支払いがある。もとは税金だけど、お金の流れが生まれる。公共事業を目の敵にする人が多いけど、間接的にみんな恩恵を受けているはず。

で、省庁がやってる各プロジェクトだけど、無駄だからって排除したら、そこに関わっていた人はどうすればいいのか。「有益な新しいプロジェクトを創出すればいい」きっとそういう明るい答えが用意されるんだろう。

しかし、そう簡単に意義のある無駄でないプロジェクトがたくさん創りだせるだろうか?

無駄をそぎ落としたら、失業者が今より増えると思う。税収がまた減る。失業者の基本的人権も守らなきゃいけない。そうなると、富の分配だ。

そうか。いきつく先は、共産主義か。
  

PageTop

公共事業でシェルターを

八ッ場ダムどうするかでもめていますが、どっちの言い分もそれなりに正当性があるんだろーね。どう決着するんだろう?と思っています。

公共事業は必要だと思います。ストップする理由としては、環境破壊がどのくらい深刻かが基準だと思います。無駄かどうかはあまり重要じゃない。無駄だとしても、雇用の創出とかお金を動かすとか、そもそもそういうためのものなんだからいいと思う。

それに、利権だなんだいう以外にもっと目を向けないといけないこともあるらしい。

-------------

(参考)
自民党 中川昭一グループが水の研究会 
水の惑星地球が実は水不足、
2050年には水の争奪戦が ― 八ッ場ダムをめぐって
2009年09月08日
http://news.livedoor.com/article/detail/4338069/

-------------

さて、こんな不景気で雇用創出が望まれるなか、道路もダムも同意を得ることが難しくなってしまったご時世で、何をつくればいいんだろうと考えました。ハコモノもダメだっていう。そこで僕がつくって欲しいものを書いておきます。

・森林(日本は、そもそも人工林とともに生きてきた。もっと手入れして復活させるべき)

・シェルター(核シェルターです。これはまだつくってないから、いっぱい仕事が発生するし、ほんとうに役立つときが来るかもしれない)

シェルターをつくるのは、「核容認」と決めつけられるらしく、「ダメだ」というひとたちがいるようですが、シェルターと言っちゃだめなら、避難所ですね。災害時に避難する場所をつくったらどうですか。防空壕の現代版みたいなのです。台風のときとか避難所とされる学校や公民館は、あくまで暫定っていう感じで、あんまり快適じゃなさそうだもの。

このシェルターには、食料品とか生活必需品とか、いっぱり備蓄しておきます。でも、役立つことなく、賞味期限切れとか、動作保証期間切れとかになるはず(それが平和)。そしたら、入れ替えればいいし、古いのは、完全に使い物にならなくなる前に、それこそ必要とする人に無償で配ればいいと思います。で、たまには避難訓練とかイベントとかをその施設で行って、フリースペースとしても利用したりして。もともと利益を生むためのものではないから、黒字化する必要もない。
 

PageTop

たばこ税

たばこ税増税のニュースを見ました。

-------------

たばこ税:長妻厚労相が増税強調、「欧州並みの金額必要」
毎日新聞 2009年11月2日
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091102k0000m010116000c.html

-------------

たばこだけ狙い撃ちでヒドイという意見があるのは納得です。僕はたばこ吸いませんので、たばこ税導入で財布は痛みませんが、「ヒドイ」という感情に共感するというよりは、たばこだけでは足りないハズです。

だから、たばこを皮切りに、たばこ税に限らずいろんな消費税の変化球版をつくれば(または既にあるものもあるので増税すれば)いいと思います。

酒税、ゲームセンター税、カフェ税、宴会税、漫画税、遊園地税、パチンコ税、デザート税、ワイン税、スナック菓子税、アイス税、チョコレート税、ブランドモノ税、携帯電話税。。。僕の好きなものも混ぜました。消費税の問題点は生活必需品にはかけて欲しくないという人がいるらしいので、消費税増税の際には、増税の対象外をつくればいいのかもしれないけど、部分導入のほうがいいんじゃないかなぁ。

部分導入なら、自分には関係ない層というのが、どの商品だって一定数あるはず。チョコレート税、僕はつらいですが、甘いものダメな人から見たら平気だろうし。
 

PageTop
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。